MENU

【モデルコース】軽井沢で1泊2日の旅 アートと文化を楽しむご提案コース

Model Course

軽井沢駅から徒歩とバスで巡れるアートと文化を楽しむコースです(バスの出発時刻入り)。1日目は旧軽井沢エリア、2日目は塩沢湖周辺のエリアを中心にめぐります。

SPOT 1

軽井沢駅

軽井沢観光の拠点

軽井沢駅は北陸新幹線で東京駅から約1時間10分、金沢駅から約2時間とアクセスが良く、北陸新幹線の他にしなの鉄道が乗り合わせている、軽井沢観光の拠点です。

軽井沢駅 徒歩 10:00発

約10分

SPOT 2

軽井沢安東美術館

軽井沢安東美術館

画家・藤田嗣治の作品だけを展示する個人美術館。「少女」「猫」「聖母子」の絵画を中心に約200点を所蔵し、数奇な運命の中で芸術を貫いた藤田の足跡を展望できる。欧州を席巻した「乳白色の下地」の作品も展示。コーヒー器具ブランドの「HARIO」のカフェも併設。

<滞在時間 約60分>入館・鑑賞

詳しく見る

15分

SPOT 3

Karuizawa New Art Museum

Karuizawa New Art Museum

企画展では、世界の第一線で活躍中の日本の現代アートの作家やそのグループ展だけでなく、海外作家も含めて、日本国内のみならず海外からの美術ファンの期待にも応えられるような斬新な切り口の展示を展開していきます。 また近年顕著に国際的評価が高まっている「具体美術協会」に所属した前衛作家たちの作品など、日本の前衛作家の作品を積極的にコレクションしていく方針です。

<滞在時間 約60分>入館・鑑賞

詳しく見る

約15分 

SPOT 4

旧軽井沢銀座通り

軽井沢のメインストリート

約750mの旧軽銀座銀座通りの両側には、老舗のベーカリーや、コーヒーショップ、お土産や食べ歩きのお店が並びます。

帰りに立ち寄りますので、気になるお店をチェックしながら次のスポットまで向かいます。

約10分

SPOT 5

軽井沢ショー記念礼拝堂

木立の中に佇む教会

軽井沢で最も古いこの教会は、軽井沢を避暑地として世に知らしめた、「軽井沢の父」と呼ばれる、カナダ人のアレキサンダー・クロフト・ショー氏が宣教師をしていた教会です。

教会の隣には、「ショーハウス記念館」としてアレキサンダー・クロフト・ショーの別荘が教会の隣に復元されています。

<滞在時間 約15分>

約5分

SPOT 6

旧軽井沢銀座通り

旧軽井沢銀座通り

旧軽井沢のメインストリート。約750mの旧軽銀座銀座通りの両側には、老舗のベーカリーや、コーヒーショップ、お土産や食べ歩きのお店が並びます。
木造のクラシックな外観の軽井沢観光会館では、観光情報を提供してもらえます。

※軽井沢駅↔旧軽井沢のバスダイヤに関しては下記INFORMATION内URLよりご覧ください

<滞在時間 約120分>ランチ含む 街歩き・ショッピング

詳しく見る

SPOT 7

軽井沢観光会館

軽井沢観光会館

軽井沢観光会館は、木造のレトロな外観で旧軽井沢商店街のシンボル的存在です。
1階ホールは、町の観光情報の提供や宿泊施設の紹介などを行う総合案内所となっており、散策やショッピングの合間の休息スペースを併設しています。
1階の観光展示スペースでは、地形模型を展示。また見どころを紹介する視聴覚スペースがあります。
館内は、無線LANホットスポットになっておりますので、無料でインターネットに接続できます(コンセントの利用はできません)。公衆トイレは有料で1回100円となります(身障者無料/障害者用トイレ・更衣室・おむつ交換所も備えております)。
2階「軽井沢鉄道ミニ博物館」では、軽井沢の鉄道関係の貴重な資料の展示も行っております。

<滞在時間 約20分>鉄道博物館・ジオラマ

詳しく見る

約5分

SPOT 8

室生犀星記念館

室生犀星記念館

室生犀星は、大正期から昭和中期にかけて活躍した、日本文学を代表する詩人・小説家です。この記念館は、昭和6年に建てられた別荘を改修したもので、犀星は亡くなる前年の昭和36年まで毎夏をここで過ごしました。この家では、堀辰雄、津村信夫、立原道造、川端康成、志賀直哉ら多くの作家と交流がありました。

<滞在時間 約20分>

詳しく見る

約5分

SPOT 9

軽井沢会テニスコート

皇室ゆかりのテニスコート

旧軽井沢銀座通りの東側、ショー通りとオーディトリアム通りの角に建つ、会員制のテニスコート。
上皇皇后両陛下が出会った場所として有名です。フェンスの外から眺めて雰囲気を味わうことができます。

約5分

SPOT 10

八田別荘

建築当時の姿が残る

明治26年に旧海軍大佐であった八田裕二郎氏によって建てられた木造2階建ての別荘です。130年以上たった今でも建築当時の姿で保存されている歴史的建造物です。
軽井沢における日本人初の別荘と言われておりました。

<滞在時間 約10分>
八田別荘 15:45発 → 徒歩 約10分 → 旧軽井沢バス停 15:59発(草軽交通) → 軽井沢駅 16:03着

SPOT 11

宿泊施設

旅のスタイルにあわせて

避暑地として古くから文化人に愛されてきた軽井沢は、洗練されたホテルをはじめ、様々な宿泊施設が充実しています。

<様々な宿泊施設の一例>
・クラシックホテル
旧軽井沢 ホテル音羽ノ森
・リゾートホテル
軽井沢マリオットホテル
・宿場町のお料理宿
くつかけステイ 中軽井沢

ゆっくりとお休みください。
朝食をすませたら、観光へ出かけましょう。

 2日目スタート

SPOT 12

軽井沢駅

軽井沢観光の拠点

軽井沢駅 乗車 (循環バス東南内回り )9:15発 → 塩沢交差点バス停 下車 9:48着 より徒歩8分

約23分 +徒歩8分

SPOT 13

軽井沢千住博美術館

千住博の美の世界

世界で活躍する日本画家・千住博氏の初期作品から最新作までの貴重なコレクション約50点を展示する美術館。建築家・西沢立衛氏が設計した館内は、自然の光で溢れ、明るく開放的な展示空間を創り出しています。ほかにも、約60,000株、150種類以上の樹々や草花が植栽されたカラーリーフガーデンや、ブランジェ浅野屋、ミュージアムショップなど、併設施設も充実しています。

<滞在時間 約60分>
軽井沢千住博美術館 10:50発

約15分

SPOT 14

軽井沢高原文庫

塩沢湖の湖畔にある軽井沢高原文庫は、軽井沢ゆかりの作家たちの文学的資料が収蔵公開されています。敷地内には、堀辰雄山荘、有島武郎別荘、野上弥生子書斎が移築され、軽井沢の別荘建築の保存の一端も担っています。

軽井沢高原文庫 11:50発

SPOT 15

塩沢湖周辺でランチ

塩沢湖周辺でランチをお楽しみください。

SPOT 16

軽井沢絵本の森美術館(ムーゼの森)

軽井沢絵本の森美術館(ムーゼの森)

欧米絵本を中心に貴重な絵本原画や初版本を展示する絵本の専門美術館です。季節ごとに開催される企画展や約1,500冊を収蔵する絵本図書館があり、第3展示館には「ピーターラビット™」の常設展示があります。ノスタルジックな絵本の世界に浸っていただけます。
 美術館と周囲の森をつなぐように広がる「ピクチャレスク・ガーデン」は、英国人ランドスケープデザイナー、ポール・スミザーが手掛けたガーデンです。四季とともに移ろう軽井沢の自然をお楽しみください。

詳しく見る

SPOT 17

エルツおもちゃ博物館・軽井沢(ムーゼの森)

エルツおもちゃ博物館・軽井沢(ムーゼの森)

ドイツ・エルツ地方で300年以上にわたり、マイスター(高度な技術を伝承する職人)たちの手によって承継されてきた木工おもちゃと良き遊びを提供する欧州の良質な知育玩具を蒐集・展示するミュージアムです。
「木のおもちゃのお店」ではドイツ・エルツ地方から直輸入した伝統木工工芸品が購入できます。また「絵本のお店」では懐かしい絵本や洋書絵本、オリジナルグッズなどを取り扱っています。

西武観光バス 急行 塩沢湖線
軽井沢絵本の森美術館・エルツおもちゃ博物館 乗車 16:08発 → 軽井沢駅 下車 16:27着 

詳しく見る

SPOT 18

軽井沢駅

旅の終わりは軽井沢駅

軽井沢駅に戻り、コース終了となります。


Pickup Site

ピックアップ