軽井沢で暮らす
軽井沢で暮らすということ─ その醍醐味は何でしょう。 あなたも新しい生活を夢見てみませんか?

軽井沢で暮らす 卯月

軽井沢で暮らすということ

軽井沢が本当に春らしくなるのはまだ少し先。桜が咲くのは4月下旬になります。でも3月に入ると、冬季休業中だったお店や宿泊施設などもオープンするところが多くなります。冬の間静かだった小鳥たちも、賑やかにさえずり、春の訪れを喜んでいるかのようです。
お天気の良い日は、ウォーキングにも丁度 良い暖かさとなりますが、軽井沢は東京から新幹線で1時間あまりとはいえ、標高1000mの高地。山の天気は変わりやすいので、雪がちらつくことも。そんな日は、カフェで読書はいかががですか?軽井沢町内には、個性のあるカフェが点在しています。何十年も別荘の方に愛されて来たクラッシック音楽の似合うカフェ。近年東京から移り住んで来た方で、早朝から賑わう美味しい朝食のカフェ。車好きの集まるカフェ。手作りパンが評判のカフェなど・・・クラシカルなホテル内のカフェも、宿泊しなくてもカフェで少しの時を過ごすだけで、雰囲気を肌で感じられます。自分のお気に入りの本を旅行カバンに忍ばせてくるのも良いですが、今年の4月1日には、中軽井沢駅の交流施設「くつかけテラス」に素晴らしい図書館がオープンしました。館長は元NHKアナウンサーで軽井沢朗読館館長の青木裕子さん。こちらの沢山の蔵書の中からお気に入りを借りて、森の中のカフェで過ごすのも軽井沢流。

>軽井沢での生活に便利なカフェ一覧

軽井沢の宿泊施設を
宿泊プランから探す
宿泊日:

人数: 名 ×

軽井沢観光施設を
ジャンルから探す
軽井沢観光施設を
エリアから探す