軽井沢の野生動植物
軽井沢に生育する豊かな表情の植物の数々、 生息する小さな小動物たちもまた軽井沢の良さを知る住人です。 そんな彼らの姿を少し見てみましょう・・。

軽井沢の生き物

軽井沢には樹木、野草、野鳥、動物など多くの生物が存在する。
標高950mから1200mの高原に位置する軽井沢は、関東地方などの平地に比べると、約1ヶ月遅い春を迎える。霧に包まれた短い夏が過ぎると、9月には紅葉が始まり、11月には落葉して、また冬枯れの森となり、氷点下の続く冬になる。年間通しても寒暖の差が大きいが、1日の寒暖の差もある。この変化に富んだ気候が、多くの生き物たちの命を育んでいる。
町内全体を見ると、浅間山の高山植物から山麓のミズナラ林、南軽井沢の湿地など、様々な環境がある。その環境に応じて数多くの動植物が生息している。
植物の種類や野鳥の種類は多いが、冷涼な気候のため、は虫類や昆虫類は、比較的種類が限られる。
希少な生物も多く生息しており、長野県レッドデータブックに記載されている絶滅危惧種(絶滅危惧Ⅰ類、切滅危惧Ⅱ類)の内、軽井沢で確認されているのは、維管束植物で57種、動物で39種である。また、長倉のハナヒョウタンボク群落も、希少性の高い植物群落としてリストアップされている。

image004

軽井沢観光施設を
ジャンルから探す
軽井沢観光施設を
エリアから探す
PICKUP SITES
軽井沢ガイドブック
ガイドブックダウンロード
おすすめ観光ルート
軽井沢町内・広域の観光
軽井沢WEB検定試験
軽井沢をよく知るあなたに─
軽井沢WEB検定試験
PICKUP SITES
軽井沢ウエディング協会
ウエディング協会公式サイト
軽井沢RCC推進協議会
軽井沢リゾート会議都市推進協議会
軽井沢美術館協議会
美術館の詳しい案内はこちら
PAGE RANKING